家族葬を選ぶ人が増加傾向

家族葬とは、身内や親族だけで行う葬儀のことです。

似た形式の葬儀に密葬がありますが、密葬の場合は後日改めて本葬を行います。

一方家族葬は本葬を伴わず、ごく内輪のみが参列する葬儀と火葬のみで完結します。
生前に家族葬を希望する人も少なくありません。その理由は、大掛かりな葬儀を開く費用を掛けたくない、葬儀の準備や返礼品選びなどで家族に負担を掛けたくないなど、経済的・精神的・肉体的負担を避けるものが多いです。また本人の希望ではなく、高齢での死去により訃報を通知する相手が少なく、自然と身内のみで葬儀を行うことになるケースもあります。



実際の葬儀の進行は一般葬のような形式にこだわらず、故人の好きだった音楽を流したり、故人を囲むように座って思い出話をしたりなど、自由度が高いのが特徴です。
その他のメリットは、参列人数や予算の目安が立てやすく、日取りも設定しやすいこと、一般参列者に気兼ねすることなくゆっくりとお別れできることが挙げられます。
また故人が希望したスタイルでの葬儀を行いやすくなります。

一方デメリットとしては、葬儀にかかった費用を香典・弔慰金で相殺できないこと、後に弔問客がそれぞれ訪れるので、その都度対応が必要になることが挙げられます。



一般葬の形式を重視する人も大勢おり、理解を得られないこともあります。
生前に家族葬を希望する場合は、家族にその旨を相談することが望ましいです。

本人と家族が納得のいく形でお別れできるよう、よく話し合うことをお勧めします。

お手軽に毎日新聞の情報が揃っています。