近年急速に増えた家族葬

家族葬は、近年急速に増えた葬儀の形態で、現在は葬儀全体の3割を占めるまでになっています。

日本経済新聞に関する情報が幅広く集まります。

増え方が急激であったことから、多くの人々が願っていた葬儀形式であることがうかがえます。



普及したのは、インターネットの影響であると考えられます。

それまでは、著名人が家族葬をおこなったという報道で、そうした形態が存在することを知る程度であり、具体的にどうおこなえばいいのか、一般の人々は知る術がありませんでした。


情報がなかったため、葬儀は、病院にいた葬儀社か、しがらみで身近にいる葬儀社に促されるまま、大規模におこなうのが通例となっていた面があります。


葬儀は長らく、喪主には事実上選択肢がないものとなっていました。
しかし、インターネットが普及したことで、状況は劇的に変わりました。


人々はインターネットで、葬儀事情を詳しく知ることができるようになり、意見を交換する場も得ました。疑問をかかえながら、流れに従うしかないような状況ではなくなり、今や葬儀をおこなうことになったら、インターネットで検索し、葬儀形態も葬儀社も自由に選択するのが一般的になっています。



葬儀の必要性が生じてから初めてインターネットで検索しても30分もあれば、適確な選択ができますので、十分間に合います。

その結果、選ばれるようになったのが、家族葬と言えます。

急激な増加スピードは、選択できるなら、家族葬にしたいと願っていた人々がいかに多かったかということを物語っています。