葬儀の簡素化の流れで家族葬を営む人が増えています

最近では一般の葬儀を営むのではなく、家族を中心に、ごく親しい親族のみで家族葬を営む方が増えています。


葬儀に多額な費用を掛けるのが無駄だと言う気持ちと、身近な遺族でしめやかに、こじんまりと営む方が良いと考える人が増えているからでしょう。こうしたニーズの増加に合わせて専用の葬儀会館も増えていますし、一般の葬儀会館でも家族葬の様なこじんまりとした葬儀に力を入れているところが増えています。

家族葬を営む会場は、一般の会場よりも小さく、それだけに祭壇が小さくても貧弱ではありませんし、様々な飾り付けも多くの参列者が訪れる事が無いため、見栄を張る必要もなく、実質本位で選択でき、こうした事が葬儀を比較的安くできる要因となっています。

YOMIURI ONLINEの情報サイトを利用して良かった。

昔の葬儀は、自宅で営み、近隣の人が手伝い、遺族はバタバタとすると言うのが一般的でした。



こうした日本の昔からの習慣は、遺族が余りにも悲しみに暮れ過ぎぬように、バタバタとする様な儀式になって来た側面があると言う事です。しかし近年では、葬儀会館を利用する事が増え、遺族がバタバタと悲しむ暇もないと言う状況が少なくなり、むしろ故人の思い出話を参列者が語り合い、故人を偲ぶと言う側面がより強くなっており、これが家族葬を営む人が増えている理由でしょう。

ただし、家族葬専用の会館では1日1組しか葬儀を営む事が出来ない所が多く、日取りを調整するか、いくつかの会館を心準備して置く必要がある点は注意を要します。